ご利用規約

Terms of Use

このたびは、ななしき公式ファンクラブ"ひまわり"へのご入会をご検討いただき、ありがとうございます。
"ひまわり"にご入会される前に、以下の会員規約を必ずお読みください。
ご同意いただける方は、「同意する」をクリックして入会申込フォームにお進みください。
 
ひまわり 会員規約
 
第1条 会員規約の範囲
本規約は、彩雲打奏ななしきファンクラブ“ひまわり”(以下、当会といいます。)の提供するサービスの利用に関し、当会及び当会の会員(以下、会員といいます。)に適用されるものとします。
会員は、入会の時点でこの会員規約の内容を承諾しているものとみなされます。
 
第2条 会員規約の変更
当会は、会員の了承を得ることなく、本規約を随時変更することができるものとします。この場合、当会は変更後の規約を会員に通知し、以後利用条件は変更後の会員規約によるものとします。
 
第3条 ファンクラブからの通知
当会から会員への通知は、電子メール、当会が運営するウェブサイト(以下「ウェブサイト」といいます。)上での掲示、その他の郵便物、電話、その他当会が適当と認める方法により行うものとします。
通知が電子メールで行われた場合、会員の電子メールアドレス宛に発信したことをもって会員への通知が完了したものとみなします。
通知がウェブサイト上の掲示で行われた場合、通知がウェブサイト上に掲示され、会員が本サービスにアクセスすれば閲覧可能となった時点をもって会員への通知が完了したものとします。
通知が郵送物で行われた場合、通知が発送された時点をもって会員への通知が完了したものとします。
 
第4条 入会
入会金は(1,000円 税込)、年会費は(2,000円 税込)です。入金にかかる振込手数料は、申込者が負担するものとします。
当会は、入会希望者が規定の方法にて入会申込をし、入会金・年会費の支払いを完了した時点で必要な手続き・審査を行い、入会を承諾します。
当会が入会申込受付後30日以内に入会不承認の連絡をしなかった場合、入会契約が成立したものとします。
当会は、日本国内に住所を有する方のみ入会できるものとします。
中学生未満の児童・幼児・乳児の入会に関しては、保護者の許可を得るものとします。
インターネットの設備が整っていない方から希望があった場合、彩雲打奏ななしきが出演する公演・イベント・会員継続更新のご案内についてのみ郵送にて送るものとします。その他、インターネット上でのみ公開される情報については受け取ることはできません。
 
第5条 入会不承認
当会は、入会希望者が次のいずれかに該当すると判断した場合、入会契約を締結しないことができるものとします。
(1) 過去に会員規約違反等により、会員資格の取消がされている場合
(2) 申込内容に虚偽の記載、誤記等がある場合
(3) その他、会員に不適当と判断した場合
 
第6条 会員資格の取消
当会は、会員が以下の項目に該当する場合、事前に通知することなく会員資格を取り消すことができるものとします。その場合当会は、すでに支払われた料金等の払戻義務を一切負わないものとします。
(1) 入会申込において、虚偽の申告を行ったことが判明した場合
(2) 第14条で禁止している事項に該当する行為を行った場合
(3) その他、当会が入会希望者を会員とすることを不適当と判断した場合
 
第7条 契約期間および継続
本契約は、当会が入会を承認した日が含まれる月の1日から1年間とします。(例:2016年2月29日入会承認の場合、2016年2月1日〜2017年1月31日まで)
会員資格の継続を希望する会員は、当会規定の方法にて契約期間内に次期会費を支払うものとします。会員が有効期限内に継続の手続きを完了しなかった場合は、本契約は契約期間満了となり、以後、会員資格を復活するには再入会手続き(入会金がかかります)が必要となります。契約更新のお知らせは電子メールもしくは郵送にて行うものとし、いかなる場合でも有効期限が切れてからの継続手続きはできません。
 
第8条 登録データの変更
会員は、住所・電話番号・電子メールアドレス等、当会への届出の内容に変更があった場合には、速やかに所定の方法で変更の届出をするものとします。
前項の届出がなかったことで当会からの通知が不到達となったり、会員が不利益を被ったりすることがあっても、当会は一切責任を負わないものとします。
 
第9条 退会
会員が当会の退会を希望する場合には、所定の方法にて届け出るものとし、当会は、すでに受領した会費その他の責務の払い戻し等は一切行わないものとします。
 
第10条 設備等
会員は、当会からの通知を受け取るための通信機器等や本サービスを利用するために必要な通信機器・ソフトウェア・その他必要となるすべての機器・インターネット利用契約等について、自己の責任と負担において準備するものとします。
 
第11条 自己責任の原則
会員は当会の利用に伴い、第三者からの問い合わせ、クレーム等がなされた場合は、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
会員は当会の利用により、ななしき事務局または第三者に対して損害を与えた場合、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。
 
第12条 会員証の管理責任
会員は、入会契約の成立後、当会が会員に提供する会員証の管理について全ての責任を負うものとします。
会員は、会員証を第三者に利用させたり、貸与・譲渡・売買等をしてはならないものとします。
当会は、会員証の第三者の使用等によって会員が被った損害については一切責任を負わないものとします。
会員は、会員証を紛失した場合には、直ちに当会に届出て、指示に従うものとします。
 
第13条 会員証の再発行
会員は、会員証の紛失届を提出した場合は会員証の再発行を申し出ることができます。再発行に関わる手数料は会員が負担するものとします。再発行した場合、会員番号が変更となります。
 
第14条 禁止事項
会員は、当会を利用して以下の行為を行ってはならないものとします。
(1) 他の会員、第三者もしくは当会の著作権、商標権等の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
(2) 他の会員、第三者もしくは当会の財産、プライバシー、肖像権等を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
(3) 上記(1)(2)の他、他の会員、第三者もしくは当会に不利益または損害を与える行為、またはそのおそれのある行為
(4) 他の会員、第三者もしくは当会を誹謗中傷する行為
(5) 犯罪および犯罪に結びつく行為、またはそのおそれのある行為
(6) わいせつ物、または児童虐待に相当する画像や文書等を表示する行為
(7) 宗教・政治に関する活動
(8) 営利を目的とする行為
(9) 会員証、本サービスを利用するために必要な情報等を不正に使用する行為
(10) 会員証、本サービスを利用するために必要な情報、オリジナルグッズ等をネットオークション等に出品したり第三者に販売したりする行為
(11) 当会が提供したサービスで得た商品、チケット等をネットオークション等に出品したり第三者に販売したりする行為
(12) 有害なコンピュータプログラム等を送信し、第三者がこれを受信可能な状態におく行為
(13) 本人の同意を得ることなく他会員の個人情報を収集する行為
(14) その他、法令・会員規約・公序良俗に違反する行為
(15) その他、当会が不適切と判断する行為
 
第15条 所有権
彩雲打奏ななしき(以下、ななしきといいます。)から提供されるすべてのサービス、画像・映像・音楽・プログラム・ソフトウェア・手続き・商標・商号等は、ななしきに帰属し、会員はそれを侵害する行為を行ってはならないこととします。
 
第16条 著作権
会員は、いかなる方法においても彩雲打奏ななしきから提供される情報またはファイルについて著作権法で定める会員個人の私的利用の範囲外の利用をすることはできないものとします。
会員は、いかなる方法においても第三者をして当会上で提供される情報またはファイルについて使用させたり公開させたりすることはできないものとします。
 
第17条 サービスの中止
当会は、以下の事項に該当する場合、サービスの運営を中止中断できるものとします。
 (1)サービスのシステムの保守を定期的もしくは緊急に行う場合
 (2) 地震・火災・停電その他の非常事態により、サービスの提供ができなくなった場合
 (3) その他、当会が運営上、一時的な中断が必要と判断した場合

当会は、サービスの中止中断などにより、会員が被ったいかなる損害についても一切責任を負わないものとします。
 
第18条 サービス内容の変更 
当会は、会員に通知することなくサービス内容を変更または中止することができるものとします。この場合、会員に対して一切責任を負わないものとします。
 
第19条 免責事項
当会のサービスにおいて提供する情報は、その安全性・確実性・正確性・有用性等に関し、いかなる保証も行わないものとします。
当会は、サービスの提供・遅滞・中断・中止・停止・本サービスを通じて登録・提供される情報等の流失もしくは消失等、またはその他本サービスに関連して発生した会員または第三者の損害について、一切責任を負わないものとします。
 
第20条 個人情報
当会は、会員に関する個人情報の提供を当会以外の目的のために利用しないとともに、第三者に開示・提供等一切しないものとします。ただし、以下の場合はこの限りではないものとします。
(1) 当会が他社に対し、当会に関わる制作・運営等を業務委託する場合
 (2) 法令に基づき裁判所、その他の司法機関および行政機関等から会員に関する情報の開示を要求された場合
(3) その他、会員の同意を得た場合

中学生未満の児童・幼児・乳児の個人情報の当会への提供に関しては、必ず保護者の許可を得るものとします。
 
第21条 管轄裁判所、準拠法
本サービスまたは本規約において、当会と会員との間で生じた訴訟については、東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。
本規約の準拠法には日本法が適用されるものとします。